FC2ブログ

いかちゃんあれこれ

飲んべぇオヤジの独り言、戯言。。。

10月 « 2011年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

勝ちダルマ (^O^)♪ ♪ ♪

2011年 11月29日 05:31 (火)

111126勝尾寺ダルマ (2)

111126勝尾寺ダルマ (3)

111126カチダルマ

111126勝尾寺ダルマ (4)

111126勝尾寺ダルマ (6) 



26日紅葉狩りに行った大阪府箕面市


「勝尾寺」



境内あらゆるところに「勝ちダルマ」が

謂れ、ネットより。。。
『勝尾寺(かつおうじ)』の創建は727年のこと
藤原致房の子供である、双子の兄弟「善仲・善算」が
草庵を築いたことが始まりとされています
後に、光仁天皇の皇子「開成」が2人に師事して仏門に入り
勝尾寺の前身である弥勒寺を創建。数年後に
妙観が本尊の「十一面千手観世音菩薩」を制作したと伝えられています
源平の乱の戦禍によって、大講堂や伽藍などは焼失しましたが
1195年、源頼朝の命により再建されました。
現在は、西国三十三所の第23番札所となっており
多数の参拝客によって賑わっています

当山仏法の祈願力には時の朝廷の権力も及ばなかった事から
王に勝つ寺「勝王寺」と清和帝が号した
依って源氏・足利氏等各時代の覇者達が当山に勝ち運を祈り
以来人生全てに「勝つ」として勝ち運信仰の歴史をたどっている
試験・病気・選挙・スポーツ・芸事・商売等あらゆる勝負の
勝ち運、成功、いわゆるサクセスの願い事に勝尾寺の「勝ダルマ」
を授かり己に勝って勝運をつかんだ人々の数は、計り知れない
「己の弱さに勝つ!」の精神が、当山の勝運信仰と融合し
不屈の精神「七転び八起き」のシンボルであるダルマを己と見なし
それらを授かるダルマ信仰へと推移していったのである




111126勝尾寺ダルマ (1)




いかちゃんもお裾分けがありますように!

念入りに!念入りに!手を合わせてきました。。。。。。。。が???



ちっちゃなダルマを買って帰るのを忘れたぁ~~~


ありゃぁ~~~


。。(;>_<;)。、。






髭先生の油絵・絵手紙個展のご案内
クリック
12月6日(火)~12月10日(土)








スポンサーサイト