FC2ブログ

オヤジのブログ

飲んべぇオヤジの独り言、戯言。。。

06月 « 2015年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

残念な話 (;>_<;)ウ~~~ン

2015年 07月18日 06:39 (土)

150711遺産反対 (5)

150711遺産反対 (1)

150711遺産反対 (3)

150711遺産反対 (2)



先日、熊野古道を歩いていて

突然、ほんの僅かなエリアにの杉の木に・・・・・・・




ビックリしました、他のみなさまも


全くよきしていなかったので・・・・・・・




帰ってから調べたら




概要。。。。。

2004年、奈良、和歌山、三重の3県の山々を縦横に走る
「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録された
以後、その幽玄さに惹かれ多くの人が訪れる。
が、そのなかの「熊野古道」の最難所「八鬼山越え」(三重県尾鷲市)は
もう4年もペンキまみれという

この「落書き」を描いたのは、その登山道周辺の地権者たち
地権者は「あれは落書きではありません。『意思表示』です
私たちにすれば、八鬼山は、先祖代々、山菜を取り、林業を営み
狩猟をしてきた普通の裏庭です
それが世界遺産にされたことで、かつての自由な生活ができなくなりました
登山者は悲しくなるといいますが
あれを描いて一番悲しいのは、地権者の私たちなんです
あの意思表示は最後の手段です。。。と

名柄住民が行政に不信感をもち始めたのは12年くらい前に遡る
それまでの当たり前の山道が、市教育委員会により
突然「熊野古道」という立派な名前に変わった
それにより、増えるであろう観光客に配慮して
行政は、名柄住民による八鬼山での狩猟を禁止した
「狩猟は、畑を荒らすイノシシやシカの駆除のために必要なことでした
それが禁止されると、畑は荒らされ、山の山菜は食べ尽くされています」
そして2001年、名柄集落に「熊野古道を世界遺産に」の話が降って沸いてきた
計画は、古道の両側50メートルを『尾鷲市景観保護条例』で
バッファゾーン(緩衝地帯)に指定し
古道そのものの世界遺産登録を目指すというものだった
つまり、住民の山菜取りや林業を実質禁止するもの
一番の問題は、「行政が住民に同意を求めなかったこと」として、反対運動が続いている


と、言うことのようです




残念ですね

これは是非良い解決を早期にお願いしたいものです




世界遺産になった、って喜んでるばかりではないんですね・・・・・・



ウ~~~ン(;>_<;)ウ~~~ン




150711遺産反対 (4)




スポンサーサイト