FC2ブログ

オヤジのブログ

飲んべぇオヤジの独り言、戯言。。。

11月 « 2017年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

ラオス記 再開です

2017年 12月04日 06:24 (月)

171101坊さん (1)


171101坊さん (2)




ラオス記 再開します




過日、ラオスには若い修行僧が多いと書きましたが


いかカノから何故若い僧侶が多いのか

もっと詳しく書きなさい!とお叱りが・・・

で、





ラオスでは

オレンジ色の僧衣をまとった若い僧侶が多いのはなぜか

お寺が貧困家庭の無料教育の場なのである

ラオスは最貧国のひとつと言われており

主な産業は農業、出生率は高く10人兄弟も珍しくない

40以上の多民族からなるこの国では

都市部で仕事に就くにも、言葉や文化が異なる

言葉が通じないことには仕事に就けない

特に山岳部の貧しい家に生まれ育った子どもたちは

食べることも大変で、教育を受けることができないことも珍しくない

貧しくても勉強したい子は親に勧められたり

10歳から一般の学校ではなく

お坊さんの学校に入る

お坊さんの学校では、仏教以外に一般の学校と同じことを学ぶ

食べ物は托鉢などでまかなえ、生活費を含めてすべて無料

高校の課程を終えると、お坊さんの学校をやめて公務員や

英語やフランス語のガイドになる子どももいる

こういった歴史的背景から

幼少期から僧侶になって食・教育を受ける寺院が

学校代わりになるような仕組みが出来上がったという

ただ「ラオスの仏教が貧困層を支えている」ということではなく

「貧困層がラオスの仏教を支えている」という側面もあるとも言われている







171104僧







スポンサーサイト